松の内はいつまで

1月も早10日ですが、松の内はいつまでかというと、関東地方では7日の旧暦の小正月までで、

関西地方は15日の旧暦の大正月までと地方によって違うようです。

北海道は7日までですが、以前私が住んでいた仙台では14日まで松飾を飾り、

14日の「どんと焼き」にしめ飾りや古いお札やお守りなどを燃やす風習が一般的でした。

北海道でも14日に「どんと焼き」を行う神社が多いようですが、発寒神社のように

13日に行うところもあるようです。

仙台では、伊達政宗が建立した「大崎八幡宮」「どんと祭」が有名です。

私も何度か街頭でみましたが、仙台中心部から青葉区八幡4丁目にある「大崎八幡宮」まで、

白鉢巻き・白さらし・足袋・わらじ、提灯と鐘を持ちながら行進を行う「裸参り」が有名で、

学生や団体や企業の参加者の姿がいつもニュースになっていました。

寒い中、口に紙をはさみ私語を慎む状態で2000人以上の参加者が「大崎八幡神宮」を

目指し行進し、燃え上がる「どんと焼き」の炎(御神火)に体をあぶり、

お祓いを受けると無病息災で過ごせるというものです。

 

何か寒い中、長時間歩くとかえって風邪をひきそうな感じがするのは、私だけでしょうか?

まあ、確かに気持ちの持ちようではあるのでしょうが・・・・


営業時間:9:30〜18:30 定休日:水曜
011-614-6000

お問い合わせ >

センチュリー21の加盟店は、全て独立・自営です。

Top